互換インクはプロに依頼しよう「スマートに導入できる」

HOME>Column>互換インクがあれば仕事がすこぶる捗るようになる

互換インクがあれば仕事がすこぶる捗るようになる

メンズ

純正品と互換品

パソコンで作った資料の印刷や年賀はがきを自作する場合などに使用するのがプリンタです。プリンタで印刷物を作る場合は本体の他に用紙とインクを用意しなければなりません。プリンタ用の用紙とインクにはいずれもメーカーの純正品が販売されており、メーカーは純正品の使用を推奨しています。ですが、最近は互換品を数多く販売しているのが現状です。特に互換インクについてはかなり普及してきており、最近は専門店も登場しています。どちらにもメリットとデメリットがあるので、価格、品質、使用目的に合わせて選ぶことが大切です。また、互換インクを使った場合は、本体のトラブル対応や保証が対象外になることがあるのでこの点も留意して選ぶことが大切です。

社内

価格と品質について

純正品と互換インクの大きな違いに価格と品質があります。純正品は互換インクに比べると価格は高いですが印刷品質が良いのできれいに印刷することが出来ます。そのため、長く保存したい写真の印刷や本体を出来るだけ長く使用したい人は純正品を使っておくのが無難だと言えます。一方、互換インクは純正品に比べると印刷品質が劣る製品が少なくありません。そのため、きれいに印刷したい場合には不向きだと言えます。ですが、価格が安いので費用を押さえて大量に印刷したい場合に向いていると言えます。互換インクの中には純正品の1/4の価格で販売されている商品もあるので、とにかく費用を押さえたい人は互換インクを使うと大幅に費用を節約することが出来ます。